水だけでトイレの詰まり・水漏れを直す方法

トイレの排水管が詰まると、タンクの水を流してもうまく流れず、水漏れを起こしやすくなってしまいます。トイレが流れにくい場合の対処法として、自分で出来る修理について紹介します。

■強い水圧を与える

バケツに汲んだ水を一気に流し込むと解決する場合があります。排水口めがけて勢いよく水を流し込む時の水圧で、詰まっている異物を流すことが目的です。便器の中の水位が上がっていると、周囲に飛び散ったり溢れ出ることを防ぐため、あらかじめ汲み取って低くしておきましょう。詰まっていたものが見える位置まで戻ってきた場合は、そのまま流さずに取り除きます。様子を見ながら何度かバケツで水を流す作業を繰り返してみても解消しない場合は、業者へ修理を依頼しましょう。

■トイレにお湯を入れる

次に、お湯を使った修理方法を紹介します。50度程度のお湯を便器に入れてペーパー類が溶けるのを促します。便器にお湯をいれて便座のフタを閉めておくことで、熱を逃さないためさらに効果が上がります。1時間ほどして水位が下がっていることが確認できたら、詰まりが解消された証拠です。お湯を流す際は、熱いお湯では便器を傷めてしまうため、ぬるま湯を使うなど注意が必要です。ペーパーでも溶けにくいものがありますから、道具を使うか専門業者に依頼する方法もあります。

■まとめ
どちらの場合も水の量が元に戻れば、少量ずつ水を流してスムーズに流れるか確認しましょう。多量の水を流した場合、水漏れが再び発生するかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ