トイレの詰まりや水漏れの原因と注意点

トイレの詰まりが出てしまえば、自分でもしくは業者に依頼して修理をすることになります。その原因は、トイレットペーパーの流しすぎや排水管の劣化が要因でもありますが、その他にも原因はいくつかあります。

■トイレタンクに物を入れない

トイレの汚物を流す際には、タンクに溜めていた水を流す仕組みでありますが、節水目的でペットボトルを入れてしまうと、詰まりの原因となる可能性があります。これは、節水によって水の流れる力が弱くなっていることも一つの要因です。フロート弁にペットボトルが当たり、何かの拍子でフロートバルブが開いてしまいます。その結果、水が流れたままの状態になり、詰まりれ水漏れへと繋がりやすくなります。

■詰まりの最大の原因は異物

最もリスクが高い要因としては、異物を流してしまうことです。特に、ズボンの後ろポケットに入っているものを気づかずに流してしまう場合だと厄介です。その他にも、生理用ナプキンやおむつの場合は、排水管の内部で膨らんでしまい詰まりやすくなります。繊維パルプ類も流してしまうと奥に詰まってしまいます。ティッシュペーパーも水に流せるタイプもありますが、溶けにくく詰まりのリスクはあります。もちろん携帯電話や子どものおもちゃなどの固体物も該当します。

■まとめ
詰まりに気づかないで流してしまうと、水位が上がったり水漏れが発生してしまい慌ててしまいがちです。また、ペーパーや汚物を大量に流してしまうと詰まりを引き起こしやすくなり、トイレの交換が必要となることもあります。節水を心掛ける際も、タンクや器具に合わせた上で細心の注意を図ったうえで行ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ