トイレの詰まりや水漏れ修理は早めの対策が肝心

トイレ詰まりの修理を放置している場合の弊害について紹介します。

■トイレの詰まりを放置するとどうなるか

汚物やペーパーを詰まらしている状態にしておくと、トイレに臭いが充満していきます。排水管のS字トラップにて臭いを防いでくれますが、それも限界があります。最初はトイレのみですが、やがて住まい全体に行き渡ってしまい、不衛生な住環境になります。
賃貸物件の場合では、水を流す排水管は共有スペースです。汚水が他の部屋に水漏れや臭いを引き起こしてしまいますので、全体の問題に発展します。トイレの詰まりや水漏れが原因で、他に住まれている方の生活にも支障をきたしてしまいます。

■早めの対応で短時間での修理が可能

トイレが流れにくい、ウォシュレット 水漏れが起きていると感じた時に、時間が経つと自然に流れると捉えて放置してしまうことはよくありません。少しでも水の流れに違和感を覚えたら、自分で修理をするなどの対応が必要です。この段階では数時間での対応で充分済みます。
業者に依頼することも選択肢の一つです。ワイヤーや道具で直せる場合は1時間あれば問題なく処置できますが、和式便器の場合は、一度取り外してからの作業をなりますので、相応の時間が発生することを確認しておいてください。

■まとめ
トイレ詰まりの修理をしないでおくと、使用できないことはもちろん、住環境にも大きな影響を与えます。違和感を感じた場合は、早急に修理をすることが大切です。年中無休で時間を問わずに修理に駆けつけてもらえる業者もありますので、夜間でも気にせず依頼することがおすすめです。賃貸物件の場合は、大掛かりな修理が必要な場合は管理責任者に相談することがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ